ホーム > 虫歯でお悩みの方へ

虫歯でお悩みの方へ

虫歯でお悩みの方へ

虫歯でお悩みの方へ

一番代表的な原因は食べカスによる虫歯です!
ブラッシング(歯磨き)不足により食べカスの糖分を材料にプラーク(歯垢)が発生し虫歯になります。


また、歯磨き以外での虫歯リスクとは?
* 歯と歯の間(歯間)
歯ブラシが通りにくい歯間は歯間専用のフロスを使って食べカスを取り除きましょう。
* 奥歯
歯ブラシが届きにくい場所でもあり、歯の面積も大きいのでしっかりと歯ブラシを当てる必要があります。
* かみ合わせが悪い人
整った歯並びと比べ歯に掛かる圧力が異なるので、歯が削れる速度が増加して虫歯のリスクを上げます。
* 子供の歯
大人と比べてエナメル質が薄いので、しっかりとブラッシングを見てあげましょう。
正しいブラッシング方法と虫歯を防ぐ予防歯科治療はこちら

プラークとは ?

プラークとは

プラークとは、歯垢(しこう)とも呼ばれております。
発生したプラークは虫歯や歯周病などを引き起こします。

プラーク(歯垢)をなくすには、
正しいブラッシングや歯間専用フロスなどが有効です。

歯垢(プラーク)が進行すると・・・
歯石(しせき)になります。
歯石とは、歯垢が石灰化して歯にこびり付く大変やっかいな症状です。
ご自宅でおこなえる歯ブラシや歯間専用フロスではもう取り除くことはできません。

では、歯石を取り除く選択肢とは?
スケーリングやPMTCが有効です。
プロの衛生士による専用の器具でプラーク(歯垢)や歯石の除去を行ないます。

虫歯の進行イメージ

C0について
C0について

【症状・状態】
ごく初期の虫歯です。黒くなったり穴があいたりすることはなく、痛みもまだありません。
【治療法】
この段階であれば、正しいブラッシングで治癒します。
また、フッ素塗布で歯の再石灰化を促すことも有効です。

C1について
C1について

【症状・状態】
定期健診で発見できる状態であり歯の表面にあるエナメル質が溶けた状態です。
歯のツヤがなくなり茶褐色になります。
【治療法】
虫歯の部分を少し削り、詰め物をします。詰め物の素材には銀歯ではなくレジン(プラスチック)が多く用いられます。最近では耐久性の高いセラミックも使用されます。

C2について
C2について

【症状・状態】
見た目でも虫歯と確認できます。歯には穴が開いており黒っぽい状態で、冷たい物や甘い物がしみます。
【治療法】
C1同様虫歯の部分を削り、詰め物をします。

C3について
C3について

【症状・状態】
虫歯菌が神経にまで達した状態です。何もしなくても刺すような激痛がおこります。
【治療法】
歯の根まで達した虫歯菌を取り除く根管治療をおこない最後に被せ物をします。

C4について
C4について

【症状・状態】
歯の表面がほとんどなくなり、歯の根元だけが残った状態です。神経は腐敗しているので臭いや膿が出たり歯茎に強烈な痛みが走ります。
【治療法】
この段階まできたら抜歯を行います。抜歯後はインプラント治療入れ歯治療を施します。

根管治療について

根管治療

根管治療とは、虫歯が歯の神経まで達して歯の根が病気になった場合におこなう治療です。
歯の根まで虫歯が進行してしまったら根管治療か歯を抜くしかありません。
治療法としては汚染した歯の根の部分を清掃して無菌化後に薬剤とかぶせ物で蓋をする非常に高度な治療法です。
なぜなら、歯の根は直接見る事が出来ないので完全に虫歯菌を取り除くことは困難と言われております。
過去に根管治療をされて失敗された方へ
にいむら歯科医院では、最新設備のマイクロサージェリーを用い、精密な治療をおこないます。
そのため治療には時間と治療費が掛かります。